2006年12月過去記事

今の自転車は乗り始めて2年強。総走行距離は1万キロを優に超えています。

チェーンのクリーニングと注油、ワイヤーや各部パーツへの注油は1~2ヶ月に一度行っていますが、最近はそれらのメンテナンスをしても以前のようなシャキっとしたフィーリングが得られなくなってきました。

お店に持って行ったところ「オーバーホールの時期ですね。チェーンは特に出来れば3000キロ毎に交換を・・」とのことでした。1年前に一度オーバーホールをし、ドロップハンドル化して駆動系の一部を組み替えたりしたのですが、ちょうどオーバーホールの時期のようでした。もちろん、前回交換してない部品はとうの昔にボロボロ・・。

最近、風邪でのどが腫れて痛くなったり頭痛になったりで、鎮痛解熱剤をよく飲んでいました。主に飲んでいたのは病院で処方されるロキソニンですが、病院に行かないときは自分で市販のバファリン、イブ、その他成分も含む総合感冒薬などを買っていました。

で、鎮痛解熱剤ならどれも同じだと思って気にせず買っていましたが、どうも含まれる成分によっていろいろ違いがあると言うことを最近知りました。これらの薬には解熱、鎮痛、消炎という3つの働きがありますが、薬によって効くものと効かないものがあるようです。

12/16(土)、半年ぶりに栗の里で弾いてきました。

曲はいつものような聴きやすいヴァイオリン小品と、今回の新曲としてモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番の1楽章をピアノ伴奏で弾きました。

いつものように19時に演奏開始。しかしお客さんが多い! ほぼ満席で、入り口でお客さんが待っている状態です。いままでこんな状況は見たことがありません。年末だからかな?

最初はエルガーの愛の挨拶にはじまり、クライスラーの最も有名な3曲、ドヴォルザークのユーモレスク、モンティのチャルダッシュを弾いて前半終了。

12/16(土) 19:00より、厚木市山際のレストラン栗の里でヴァイオリンの生演奏を行います。ヴァイオリン名曲の中から、聴きやすいもの(お食事中に楽しんで聴けるもの)を演奏いたします。

聴きやすくて有名な曲というとどうしても毎回同じような曲になってしまうのですが、今回はモーツァルトイヤーももうすぐ終わりということもあって、モーツァルトの協奏曲5番から1楽章を弾こうかなと思っております。ちゃんとカデンツァも弾きます(^^ゞ。

その他には、妻とのデュオ、友人たちによる弦楽四重奏の演奏などもあります。

近くで演奏を聴ける席は限りがありますので、良い席でお聴きになりたい方は、事前にお店に席の予約をされた方が良いかもしれません(下記サイトに電話番号が載っています)。
http://www.kurinosato.jp
チャージ等もないので、お近くの方など是非!


大昔、レッスンでモーツァルトの協奏曲第3番を弾きました。モーツァルトの3番といったら誰もが一度は採り上げる曲です。難易度的にも程よく難しいので、メンデルスゾーンやブルッフなどに進む前に取り組むことが多いです。

しかしこのモーツァルトを弾いた中3当時は、モーツァルト自体が全く好きになれませんでした。無難で明るくて品が良すぎて、つまらなく感じてしまったのです。

歳を取れば志向も変わり、今はもちろんモーツァルトが大好きです。まあ子供の頃にモーツァルトの幸福感を感じるというのは難しかったでしょうね。

CDなども良く聴きます。愛聴盤はオイストラフとクレーメル。

モーツァルト : ヴァイオリン協奏曲全集
モーツァルト : ヴァイオリン協奏曲全集
ダヴィッド・オイストラフ, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

スカパー!のクラシカジャパンで、カラヤン&ベルリンフィルの第九の放送があったので、録画して見てみました。

晩年のカラヤンとは違い、実にシャープでアグレッシブな指揮。まさにカリスマ。カッコイイ! 早振りがすごくて、よくあんなのでみんな演奏できるなぁ、さすがベルリンフィルだなぁと感心。

でもカラヤンってあんなに早振りだったかな~、と思って良くみたらオケも早弾き。弾いてから遅れて音が出てくるのです! ・・・なんて出来るわけはなく、単に映像と音声がずれていたのでした。

この映像と音声がずれる、いわゆる「音ズレ」ですが、大昔の録画に多いのは仕方がないとしても、結構最近の映像でもあったりします。オケの演奏の場合はそれほど気にならないのですが、ヴァイオリンソロの演奏だと指や弓の細かい動きも見たいので、どうしても音ズレが気になってしまいます。

12/2は福島市音楽堂で行われた、オーケストラ・フィルジッヒ第3回演奏会にエキストラで出演してきました。妻がコンミスをしている関係上、僕も3回連続で駆り出されております(笑)。

福島市音楽堂

音楽堂は「お風呂場」と比喩されるほど残響が長いホールで、細かいアラが目立たない反面、細かい音をきちんと聴かせるのが難しいホールです。しかしこのような立派なホールで演奏出来るというのはいいですね。

コンサートのお知らせです。
といっても自分のソロ本番ではありませんm(__)m。

妻がコンマスをしている福島のオケ「オーケストラ・フィルジッヒ」の第3回演奏会が12/2に福島市音楽堂で行われます。僕もエキストラとして出演してきます。

曲は下記の通りです。

メンデルスゾーン/交響曲第3番イ短調Op.56「スコットランド」
嶋津武仁/風のごとく (世界初演)
モーツァルト/歌劇「魔笛」より序曲

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
オーケストラ・フィルジッヒ

お近くの方などは是非!


姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

月別 過去記事

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器