Top > モータースポーツ > F1 > カナダGP、琢磨6位入賞!(1)

カナダGP、琢磨6位入賞!(1)

佐藤琢磨、カッコ良すぎます。深夜にもかかわらず、

「いけーっ! いったーっ! 琢磨すげー! カッコイイ!!!!」

と絶叫してしまいました(笑)。

さてその衝撃のカナダGPを振り返りましょう。

まずは金曜日。

金曜日午前 FP1
No.22 1:18.898(琢磨-11位)
No.23 1:18.896(デヴィッドソン-10位)

金曜日午後 FP2
No.22 1:18.309(琢磨-10位)
No.23 1:18.545(デヴィッドソン-15位)

新しく投入したリヤウイングがシミュレーション通りに機能せず、やむなくダウンフォースが強くドラッグの大きすぎるウイングで走ることになったようです。が、それが思ったほど悪くないようで、金曜日のフリー走行から2台揃って好タイムをマークしていました。

土曜日午前 FP3
No.22 1:16.864(琢磨-5位)
No.23 1:17.391(デヴィッドソン-10位)

土曜日の予選前走行ではなんと琢磨が5番手。デヴィッドソンも10番手ということでスーパーアグリは非常に好調のようです。

予選。Q1ではコバライネンのクラッシュによる赤旗中段があったため、二人とも1回ずつのアタックになってしまいました。赤旗時、琢磨はすでにアタック中でセクター3に入っていただけに、ほんの少しの差でアタックを取りやめる羽目になりました。2台とも好タイムはマーク出来ず、琢磨は14番手でなんとか通過、デヴィッドソンは僅差で17番手になりQ1脱落。

Q2での琢磨はベストタイム"1:16.743"を叩き出すものの、これまた僅差で11位。惜しくもQ3進出とはなりませんでした。

ポール争いは実質マクラーレンの2台に絞られましたが、ハミルトンがうまくタイムをまとめ、セクター2までベストだったアロンソも最終シケインでミス。ハミルトンの初ポールが確定しました。以下、ハイドフェルドが3位、ライコネン4位、マッサ5位、ウェバー6位、といった顔ぶれです。

そして決勝。波乱に次ぐ波乱できちんと整理出来なさそうですが・・。

琢磨はスタートでひとつ順位を上げ快調な走りをしていましたが、スーティルのクラッシュによるセーフティーカーのピットオープンと同時に他車に続いてピットイン!

しかしチームのピットワークが原因なのか、ピットストップがライバルよりも2秒以上遅く、ピットアウトした時にはトゥルーリとリウッツィに抜かれてしまいポジションダウン。今シーズンまだこういうのが多いですね。

しかしその後も上位の車にしっかりとついていき、ヘアピンではライコネンのミスに乗じてライコネンをパス!

その後、アルバースのクラッシュによるセーフティーカーと同時にピットイン。燃料補給は出来ないのでタイヤのみスーパーソフトに交換しましたが、ピットアウトでスタッフのもたつきにより数秒をロス。このピットイン自体が必要だったのかはわかりませんが、スーパーソフトに換えるという判断は正解でした。

ピットレーンオープンとともに再度ピットインし、燃料補給とソフトへのタイヤ交換を行い、ピットアウト。再度セーフティーカーが入りトゥルーリが消え、バリチェロが下がり、琢磨のポジションは8番手。前にはアロンソとラルフ、後ろにはウェバー。後ろのウェバーの速さが気になります。ポイントフィニッシュ出来るかどうか??

セーフティーカーINと共に残り10周のスプリント。最初は他のスーパーソフト勢に比べてソフトの琢磨は熱が入りづらいのか、やや後ろから攻め立てられる展開。しかしそこを我慢した琢磨は逆にグレイニングの影響かタイムの落ち始めたスーパーソフト勢に襲いかかります。

まずはラルフ。何度となくプレッシャーをかけながらバックストレートで一気に並んでオーバーテイク! ラルフも寄せてはきましたが全くラインを乱すことなく見事に抜き去りました。琢磨すごすぎる!!

さてその前はライコネンとアロンソ。さすがにここまでかなと思いながらラップタイムモニターを見ると・・・いやまだ終わってない! 前方のアロンソに対しセクターごとに0.5秒ずつくらい詰めている!! しかもアロンソは酷使しすぎたタイヤのドロップダウンのタイミングが来てしまったのか、ラップタイムが全く伸びない。琢磨チャンス!!!

その事実に一人興奮しているのに川井さんも今宮さんもなかなか気づいてくれなかったんですが、琢磨がアロンソに迫るとようやく気づいたようで、国際映像の琢磨の車載カメラと共に解説もヒートアップ。

残り3周。琢磨がアロンソとテールトゥーノーズになり、プレッシャーをかける。ヘアピンでアロンソはたまらずブロックラインをとってしまい立ち上がりのトラクションがかからない。追い込んだ琢磨は逆に理想的なラインをとり、立ち上がりからアロンソにスリップに入った!

さすがにマクラーレンはストレートが速く、琢磨はスリップに入っているのにもかかわらず少し離される。が、速度が上がるにつれてスリップの効きも良くなり吸い寄せられると、イン側にラインを取るアロンソのアウト側に一気に出る。完全に前には出ていないもののレコードライン。そしてブレーキングで・・・オーバーテイク!!

もうたまりませんでしたね。「いけーっ、いったーっ!!! 琢磨SUGEEEEEE!! カッコ良すぎる!!」と冒頭の通り、外も明るくなろうとしている深夜4時前に絶叫しておりました(笑)。

さすがに残り2周で前はすでに数秒先行しているライコネンなので届かず。そのままポジションを守って見事に6位フィニッシュ。素晴らしいレースでした。

スーパーアグリを駆る琢磨が実力でマクラーレンのアロンソを抜いたというのは本当にしびれるシーンでした。実は前方でも同じようなバトルが行われていましたのですが、そちらはソフトタイヤで猛追するコバライネンを、スーパーソフトで先行するブルツはタイヤを上手く使って見事に抑えきりました。しかし琢磨はそれに対してはるかに劣勢のマシンで挑み、オーバーテイクしたからすごい。

琢磨は「ぼくのこれまでのレースキャリアの中でも最高に素晴らしい日だった」とコメントしていますが、確かに2004年のアメリカGP3位表彰台よりも素晴らしいレースだったと思います。一時はずいぶん苦労しましたが、どんなに酷評されようとも僕はF3時代から注目してそのドライバーとしての素晴らしさを信じ続けていました。その琢磨が今世界から再び注目されている・・、嬉しい限りです。

デヴィッドソンは途中まですごく全てが良い方に転がっていたんですが、さすがに最後までツキは持たなかったようです。コース上に迷い込んだビーバーとの衝突によって緊急ピットインを強いられ、ポジションダウン。しかしそれ以外は良いレースをしたと思います。セーフティーカーで周回遅れを取り戻すことも出来ましたし、最後までレースを楽しめたのではないでしょうか。結果は琢磨に負け続けていますが、内容は悪くないしチームには信頼されていますので今後の活躍に期待したいところです。

にほんブログ村 車ブログ 車 <br />
モータースポーツへ

コメントする

  • 08.05.08  スーパーアグリ、F1撤退
  • 08.03.26  2008F1マレーシアGP、琢磨、一貴共に完走
  • 08.03.18  2008F1オーストラリアGP、中嶋一貴6位!
  • 08.03.13  2008年F1シーズン、まもなく開幕
  • 07.11.08  中嶋一貴、2008年F1参戦決定!
  • 07.10.24  気になるアロンソ贔屓なフェラーリ社長の発言
  • 07.10.22  F1ブラジルGP、琢磨12位、ライコネンが総合V
  • 07.10.21  F1ブラジルGP予選
  • 07.10.12  中嶋一貴、ブラジルGP参戦
  • 07.10.09  阿部典史選手、死去
  • 07.10.07  F1中国GP、琢磨14位完走
  • 07.10.01  F1日本GP、琢磨15位完走
  • 07.09.18  F1ベルギーGP、琢磨15位とマクラーレンのペナルティ
  • 07.09.10  F1イタリアGP、琢磨16位完走
  • 07.08.27  F1トルコGP、琢磨我慢のレース
  • 07.08.06  F1ハンガリーGP、琢磨粘りの15位完走
  • 07.07.23  F1ヨーロッパGP、琢磨チャンスを生かせず
  • 07.07.09  F1イギリスGP、琢磨14位完走
  • 07.07.02  F1フランスGP、琢磨16位フィニッシュ
  • 07.06.18  F1アメリカGP、琢磨失意のレース
  • 07.06.11  F1カナダGP、琢磨6位入賞!(2)
  • 07.06.11  カナダGP、琢磨6位入賞!(1)
  • 07.05.28  F1モナコGP、佐藤琢磨初完走17位
  • 07.05.14  F1スペインGP、佐藤琢磨8位入賞!
  • 07.04.16  F1バーレーンGP、佐藤琢磨無念のエンジンブロー
  • 07.04.09  F1マレーシアGP、佐藤琢磨13位フィニッシュ!
  • 07.03.18  F1オーストラリアGP、佐藤琢磨12位フィニッシュ
  • 06.10.24  F1ブラジルGP #2 琢磨激走!
  • 06.10.23  F1ブラジルGP #1 シューマッハ ラストラン
  • 06.10.09  ミハエル、痛恨のエンジンブロー
  • 06.10.07  F1日本GP予選、フェラーリ1-2!
  • 06.10.06  F1日本GP、生中継ならではの楽しみ方
  • 06.10.04  奇跡の逆転、F1中国GP
  • 06.09.11  ミハエル・シューマッハ 引退・・
  • 06.08.10  荒れに荒れたF1ハンガリーGP
  • 06.08.04  F1ストーブリーグが早くも過熱
  • 06.08.02  F1ドイツGP、M.シューマッハ圧勝!
  • 06.07.21  スーパーアグリ、SA06シェイクダウン!
  • 06.06.14  F1イギリスGP、M.シューマッハ完敗
  • 06.06.07  F1のハンドル
  • 06.05.16  F1スペインGP、シューマッハ悔しい2位
  • 06.05.11  井出有治、なんとスーパーライセンス剥奪!
  • 06.05.09  F1ヨーロッパGP、M.シューマッハ2連勝!
  • 06.05.06  井出有治、F1のシートを失う!!
  • 06.04.24  F1サンマリノGP、M.シューマッハ優勝!
  • 06.04.10  スーパーアグリ、井出から本山にスイッチ?
  • 06.04.03  F1オーストラリアGP、スーパーアグリ2台完走!
  • 06.03.22  F1マレーシアGP、琢磨2戦連続完走!!
  • 06.03.16  F1スーパーアグリ、初出場で見事完走
  • 06.02.23  スーパーアグリ、テスト2日目は井出が担当
  • 06.02.22  スーパーアグリ、初走行はわずか8周
  • 06.02.20  F1開幕まであと3週間
  • 06.02.15  佐藤琢磨&井出有治、スーパーアグリのドライバーに正式決定!
  • 06.01.31  F1今期のチーム勢力図
  • 06.01.28  SUPER AGURI Formula 1 エントリー決定!
  • 05.12.23  佐藤琢磨、来期F1参戦当確!!
  • 05.09.27  フェルナンド・アロンソがF1新チャンピオンに
  • 05.09.23  佐藤琢磨、来シーズンのシートを失う!
  • トラックバック(3)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: カナダGP、琢磨6位入賞!(1)

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/845

    佐藤琢磨は、予選11位からスタートし、セーフティカーが3度入るなど荒れたレース展開の中、残り2周でフェルナンド・アロンソを抜いて6位でフィニッシュした。 続きを読む

    F1今季6戦カナダGPハミルトンが初優勝して琢磨が6位だよ 予選はハミルトン初PP獲得し2番手アロンソとルノー独占して 3番手ハイドフェルドで4番手ライコネンで5番手マッサになり 佐藤琢磨は11番手になり決勝は上位が期待の位置スタートだ 決勝はハ 続きを読む

    » 鴎+13&カナダGP琢磨6位()~のトラックバック

    カナダGPはハミルトンが初優勝し琢磨がアロンソ抜き6位にゴールし は渡辺3回6失点で打線も2点しか取れず今季の初3連敗だ 6時過ぎに起床しでカナダGP更新などし8時過ぎまで過ごし 8時半から背中の消毒でに行って次にに寄りジャンプ購入し 9時半に作 続きを読む

    コメントする

    姉妹サイト


    silver-tone.com

    私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

    今売れている商品

    Twitter

    Twitter Updates

      follow me on Twitter

      スポンサード リンク

      リンク

      Silver-tone.com
      私のヴァイオリンサイト

      花粉症の薬
      症状に合わせた飲み方など

      なつみのひとりごと
      私の妻のブログ

      SEO&アクセスアップ
      Webサイトのアクセス数向上

      にほんブログ村 弦楽器
      ブログランキング

      ヴァイオリン販売
      弦楽器専門店 チャキ弦楽器