Top > モータースポーツ > F1 > F1ブラジルGP、琢磨12位、ライコネンが総合V

F1ブラジルGP、琢磨12位、ライコネンが総合V

F1ブラジルGP決勝、琢磨は12位フィニッシュを果たしました。

去年の素晴らしい10位に比べるとパフォーマンス不足ではありましたが、苦しい予選位置から混乱の中でのジャンプアップ、ペースの上がらない苦しい状況での走り、そして再びペースを取り戻してからの力強い走り。困難な状況の中で良いレースをしたと思います。

特にスタート直後の混戦の中でのジャンプアップ、毎度のことですが凄いです。多くの車がひしめき合う中で周りの状況を一瞬で把握し、どこにクルマを持って行ったらよいかを素早く判断することが出来るのでしょう。琢磨の抜きんでた才能の一つでしょう。

デヴィッドソンは相変わらず不運でしたが、それでも最後まできっちりこなし14位フィニッシュ。今シーズンの彼は運に見放されたりすることも多かったですが、時には琢磨を上回るパフォーマンスを見せることもありましたし、来期につながる良いレースをしたと思います。

さてトップ争い。スタートはライコネンとウェバーが好スタート。ライコネンは2位にジャンプアップしたもののウェバーは前の小さな混乱で5位に逆戻り。ハミルトンはライコネンのテールスライドで減速せざるを得なくなりアロンソにパスされる。

そしてハミルトンは次のコーナーをアウトからチャレンジし、コースアウト!

しかしハミルトンはポイント差を考えると焦る必要はないはず。これでプレッシャーから解放されて落ち着いてレースをするかと思われたその矢先、なんとその後ハミルトンがスローダウン! ギヤがニュートラルに入ってしまいなんとか復活したときにはすでに40秒近いロスで最後尾に。万事休す。

トップを走るマッサとライコネンは接近しているもののアロンソはどんどん後退。予選の時からアロンソは他のライコネン、マッサ、ハミルトンに対して精彩を欠いている感じ。

ハミルトンが18番手まで後退かつ大量のタイムロスをしていることを考えると、実質的にはライコネンとアロンソの争いになりますが、アロンソ3位ならばマッサがトップをライコネンにゆずればライコネンがチャンピオン。

アロンソは途中BMWの3ストップ作戦のクビサにオーバーテイクされるも最終的にはなんとか3位にとどまる。

フェラーリはいい形で先頭交代を行い、ライコネンがトップに。このままチェッカーを受ければライコネンのチャンピオン確定。

ハミルトンは後方から追い上げるも、3ストップという賭けに出たことが仇になったか7位止まり。作戦を3ストップにしたのにタイヤ選択が保守的だったのが気になりましたが、オーバーテイクを繰り返しながら最後まであきらめないその走りは来期につながることでしょう。

そしてそのままチェッカー。なんとライコネンの逆転チャンピオン決定! 三つ巴のチャンピオン争いでポイント最下位のプロストが逆転チャンピオンを獲得したのが1986年。歴史は繰り返されるのか。

優勝後の表彰台、そして記者会見でのライコネンはいつもと違って見えました。表彰台では感極まり、記者会見ではいつもはあまり口にしないチームやスポンサーへの感謝の言葉。チャンピオンの実感はまだまだこれからという感じでしょうが、ライコネンの中で何かが変わったことは確かでしょう。

シーズン序盤はらしくないミス、パフォーマンス不足に悩みましたが、シーズン終盤には安定して速さを見せるようになり、重要なレースできっちり優勝。最後のレースではある意味運に助けられたともいえるかもしれませんが、今まで散々運に見放されたのですから、そのくらいのプレゼントは受け取ってもいいでしょう!

今まで何度も「運に見放された男」としてチャンピオンを逃したライコネン。ようやくチャンピオンを掴むことが出来ました。おめでとう!

そしてハミルトン。最後の最後でマシントラブル。出来れば最終戦だけは皆にトラブルが起きて欲しくなかったのですが、今シーズンの彼の働きは本当に見事なもので、デビューイヤーながら何度もチームメイトのアロンソを圧倒した走りは驚きでした。

シーズンを振り替えりアロンソとハミルトンの対決を考えると、アロンソはただの一度も大きなトラブルに見舞われなかったのに対し、ハミルトンはタイヤバースト、予選でのホイール外れ、そして今回のミッショントラブルなどマシンのトラブルが重なりました。

それでもなおシーズンが終わってアロンソと同ポイント。2台に同程度にトラブルが起きていればハミルトンがもう少しポイントで上回っていたはずですし、ハミルトンとしてみればデビューイヤーに2年連続チャンピオンを上回るような走りが出来たということは非常に価値のあるものだったと思います。間違いなく今シーズンのMVPでしょう。

それと、ハミルトンは非常に聡明でかつチームを大切にする姿勢が印象的でした。自分&チームのダブルミス(でしょう)でリタイヤした中国GPのあともチームスタッフと笑顔で握手をし、今回もまたマシントラブルだったのにもかかわらずスタッフと笑顔で互いの労をねぎらっていました。そういう姿勢こそがチームから絶対的な信頼を勝ち取ったあのミハエルのような姿につながっていくのでしょう。

アロンソは苦しいシーズンでした。マシンの信頼性を武器に今シーズン最もポイントの取りこぼしのないドライバーだったような気がしますが、ミスを連発したレースや物議を醸すようなこともありましたし、今までにない苦境を味わったと思います。

一部にはミハエルのような絶対的No.1体制があれば、という声もありますが、ミハエルの場合はデビュー当初からチームメイトを圧倒し続け、実力でNo.1を勝ち取ってきたドライバー。アロンソの「自分はダブルチャンピオンだ!優遇されるべきだ!」というのとは少し違ったような気がします。そしてハミルトンがポイントでリードし始めると「平等のマシンを!」というコメント。

アロンソはチームとの不和が目立ちましたが、ある意味それは仕方のないことだったかもしれません。そもそもマクラーレンのような厳格なチームとは合わなかったということ、そして自分より強いチームメイトが現れてしまったということ。アロンソにとってみればこの2つが同時に重なってしまったことが「不運」だったのかもしれません。

それと個人的な考えですが、アロンソが移籍したのは弱体化したチームと共に強くなりチャンピオンを取る、というプロセスを味わいたかったのだと思っています。かつてミハエルが弱体化したフェラーリに移籍をし、自らチームを育て、絆を深め、そして最終的には勝ち続けることでミハエルのチームを築き上げたように。

確かに去年のマクラーレンはパフォーマンス、信頼性共に低く、たとえ移籍してすぐに勝てない可能性が高かったのですが、マクラーレンの今年のマシンは最初から速く、さらに「0.6秒速くした」というのもフェラーリの情報を使ってデラロサ及びエンジニアと行った限りなく黒に近いグレーな行為。そしてチームと共に進化するということよりチームメイトのとの戦いを強いられてしまった。これがアロンソのやりたかったことかと問われれば違ったでしょう。

コースの内外、およびいろいろな意味でアロンソは今年評価を落としましたし、チームとの関係も最悪だと言われています。おそらく移籍することでしょう。

これから来シーズンに向けてのストーブリーグの最大の目玉はアロンソがどこに移籍するかということですが、アロンソほどのドライバーだとチャンピオン争いが出来るチームでなければ、という意見や予測が多いですが、マクラーレンに移籍する前のことを思い出せばそうでもないような気がします。将来性があり、かつ現在問題を抱えているチームに移籍し、チームを強くし共にチャンピオンを取る、そんなことが出来るチームに移籍するのが良いと思うのですが・・・トヨタか? トヨタも日本企業では非常に成功した会社ではあるものの、F1の世界では随分と古くお堅いチームのようで、アロンソには合わないかもしれませんが・・。

スーパーアグリの来期はまだ何も決まっていませんが、カスタマーシャシーが認められればホンダの2008年モデルを、そうでなければ参戦が危ういという状況です。ウィリアムズやスパイカーの言い分もあると思いますが、スーパーアグリ、トロロッソ、そして来期参入予定のプロドライブが参戦見送り、なんてことにならないことを願っています。

2007年のF1シーズンは閉幕しましたが、これからのストーブリーグが楽しみです。

にほんブログ村 車ブログ 車 <br />
モータースポーツへ

コメントする

  • 08.05.08  スーパーアグリ、F1撤退
  • 08.03.26  2008F1マレーシアGP、琢磨、一貴共に完走
  • 08.03.18  2008F1オーストラリアGP、中嶋一貴6位!
  • 08.03.13  2008年F1シーズン、まもなく開幕
  • 07.11.08  中嶋一貴、2008年F1参戦決定!
  • 07.10.24  気になるアロンソ贔屓なフェラーリ社長の発言
  • 07.10.22  F1ブラジルGP、琢磨12位、ライコネンが総合V
  • 07.10.21  F1ブラジルGP予選
  • 07.10.12  中嶋一貴、ブラジルGP参戦
  • 07.10.09  阿部典史選手、死去
  • 07.10.07  F1中国GP、琢磨14位完走
  • 07.10.01  F1日本GP、琢磨15位完走
  • 07.09.18  F1ベルギーGP、琢磨15位とマクラーレンのペナルティ
  • 07.09.10  F1イタリアGP、琢磨16位完走
  • 07.08.27  F1トルコGP、琢磨我慢のレース
  • 07.08.06  F1ハンガリーGP、琢磨粘りの15位完走
  • 07.07.23  F1ヨーロッパGP、琢磨チャンスを生かせず
  • 07.07.09  F1イギリスGP、琢磨14位完走
  • 07.07.02  F1フランスGP、琢磨16位フィニッシュ
  • 07.06.18  F1アメリカGP、琢磨失意のレース
  • 07.06.11  F1カナダGP、琢磨6位入賞!(2)
  • 07.06.11  カナダGP、琢磨6位入賞!(1)
  • 07.05.28  F1モナコGP、佐藤琢磨初完走17位
  • 07.05.14  F1スペインGP、佐藤琢磨8位入賞!
  • 07.04.16  F1バーレーンGP、佐藤琢磨無念のエンジンブロー
  • 07.04.09  F1マレーシアGP、佐藤琢磨13位フィニッシュ!
  • 07.03.18  F1オーストラリアGP、佐藤琢磨12位フィニッシュ
  • 06.10.24  F1ブラジルGP #2 琢磨激走!
  • 06.10.23  F1ブラジルGP #1 シューマッハ ラストラン
  • 06.10.09  ミハエル、痛恨のエンジンブロー
  • 06.10.07  F1日本GP予選、フェラーリ1-2!
  • 06.10.06  F1日本GP、生中継ならではの楽しみ方
  • 06.10.04  奇跡の逆転、F1中国GP
  • 06.09.11  ミハエル・シューマッハ 引退・・
  • 06.08.10  荒れに荒れたF1ハンガリーGP
  • 06.08.04  F1ストーブリーグが早くも過熱
  • 06.08.02  F1ドイツGP、M.シューマッハ圧勝!
  • 06.07.21  スーパーアグリ、SA06シェイクダウン!
  • 06.06.14  F1イギリスGP、M.シューマッハ完敗
  • 06.06.07  F1のハンドル
  • 06.05.16  F1スペインGP、シューマッハ悔しい2位
  • 06.05.11  井出有治、なんとスーパーライセンス剥奪!
  • 06.05.09  F1ヨーロッパGP、M.シューマッハ2連勝!
  • 06.05.06  井出有治、F1のシートを失う!!
  • 06.04.24  F1サンマリノGP、M.シューマッハ優勝!
  • 06.04.10  スーパーアグリ、井出から本山にスイッチ?
  • 06.04.03  F1オーストラリアGP、スーパーアグリ2台完走!
  • 06.03.22  F1マレーシアGP、琢磨2戦連続完走!!
  • 06.03.16  F1スーパーアグリ、初出場で見事完走
  • 06.02.23  スーパーアグリ、テスト2日目は井出が担当
  • 06.02.22  スーパーアグリ、初走行はわずか8周
  • 06.02.20  F1開幕まであと3週間
  • 06.02.15  佐藤琢磨&井出有治、スーパーアグリのドライバーに正式決定!
  • 06.01.31  F1今期のチーム勢力図
  • 06.01.28  SUPER AGURI Formula 1 エントリー決定!
  • 05.12.23  佐藤琢磨、来期F1参戦当確!!
  • 05.09.27  フェルナンド・アロンソがF1新チャンピオンに
  • 05.09.23  佐藤琢磨、来シーズンのシートを失う!
  • トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: F1ブラジルGP、琢磨12位、ライコネンが総合V

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/898

    コメントする

    姉妹サイト


    silver-tone.com

    私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

    今売れている商品

    Twitter

    Twitter Updates

      follow me on Twitter

      スポンサード リンク

      リンク

      Silver-tone.com
      私のヴァイオリンサイト

      花粉症の薬
      症状に合わせた飲み方など

      なつみのひとりごと
      私の妻のブログ

      SEO&アクセスアップ
      Webサイトのアクセス数向上

      にほんブログ村 弦楽器
      ブログランキング

      ヴァイオリン販売
      弦楽器専門店 チャキ弦楽器