自転車: 2006年1月過去記事

186STIですが、相変わらず良い感じです。2ヶ月使ってたハンドルよりもまだ2日くらいしか使っていないハンドルの方が手になじむんですから驚きです。

さて早速写真を撮ってみました。

ハンドルの上とブラケットの面がきれいにつながっていますね。

自転車のハンドル交換をお願いしていたのですが、出来上がったとの連絡を受けて今日引き取ってきました。

交換したのは下記の「Nitto Neat Mod.186STI」というモデルですが、これがなかなかいいんです! お店で「ちょっと試乗してみて」と言われ軽く一周しただけでそのよさがわかりました。

日東 Neat Mod.186STI

(上記画像は楽天市場最安値のワールドサイクルさんへのリンクになってます。ネットでハンドルを買う人がいるとは思いませんが(笑)。)

先日、歩道を自転車で走っていたところ、交差点で横から飛び出してきた車に衝突してしまいました(*_*)。

こちらは大きな道路で信号青、向こうは小さな路地で一時停止の信号、という状況だったのですが、非常に交通量の多いところなので路地から出る車が流れの切れ目を縫って一気に渡ろうとしたようでした。

自分の側から出てくる車は見ていましたが、切れ目を縫って渡ってくる車はこちらかほとんど見えず、気づくのが遅れてしまいました。幸いお互い大したスピードも出ておらず、車のフェンダーに横から突っ込みましたが自転車も人間も全く無傷でした(車のフェンダーはちょっと傷が付いた)。

発注していた自転車のタイヤ「Panaracer Extreme Duro 700x23c」が届きました。

Duro パッケージ1

ちなみに写真はタイヤを取り付けた後なのでパッケージしか残っていません(^^ゞ。下の写真はクリックすると拡大されますが、競合タイヤとの比較表が載っています。左から耐パンク性、ドライグリップ、ウェットグリップ、走行抵抗となっていて、競合タイヤはM社とC社となっていますが、おそらくミシュラン(プロレース?)とコンチネンタルでしょう(笑)。競合タイヤに比べて耐パンク性とウェットグリップの高さが強調されています。これは楽しみです。

Duro パッケージ1
↑クリックで拡大

今年の年末年始は結婚一年目ということもあって、お互いの実家に遊びに行ったりしていてあっという間でした(笑)。まあ今まで暇で暇でしょうがない年末年始を送っていたので、こういう年越しもそれはそれで充実して良いですね。

さてそんな状態だったのでブログも大分さぼっておりました。今日から再開です!

ということで今年最初のお題は、「パンク」です。去年の12月からなのですが、自転車のパンクの嵐に見舞われています(:_;)。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器