ヴァイオリン: 2007年9月過去記事

パッシオーネについていろいろな意見を目にします。絶賛する方、こんな弦は使えないという方などなど。

経験上、このような弦は楽器との相性が出やすいのだと感じています。以前、ヘリコアをいろいろな楽器で試しましたが、スチールゆえの特性はさておき、楽器によって全く異なる結果となりました。ドイツのオールドに張ったときは絶賛したくなるような素晴らしい音でしたが、モダンと新作ではとても使い物にならないような音でした。

ちなみに僕の楽器ではパッシオーネは「結構いい」です。でも他の楽器に張ったらどうなるかはわかりませんね。ざらつきの出やすい楽器、反応の鈍い楽器には合わないような気がしますし、キンキンする楽器やカーンと鳴る楽器には合いそうです。

ピラストロが最近リリースしたガット弦、パッシオーネを試してみました。

パッシオーネは、ピラストロによると今までのガット弦に比べて以下のような特長があるそうです。

・湿度などコンディション変化に強く狂いにくい
・ブレークイン(慣らし)が短くて済む

ガット弦は音は良いのですが、湿度によって狂いやすく切れやすいため、多少音に目をつぶっても安定感のあるナイロン等の合成弦を使う方が多いです。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器