F1: 2006年8月過去記事

ハンガリーGP、ミハエルのファンとしては非常に、ヒッジョーに悔しいレースでした。

まずは3回目のフリー走行での赤旗追い越しのペナルティ。赤旗での追い越しはペナルティの対象になりますが、あってはならないアロンソの非スポーツマン行為(ブレーキテスト)に対するペナルティと同一の予選タイムに2秒加算というのはしっくり来ませんでした。

アロンソはブレーキテストで1秒、イエロー追い越しで1秒で計2秒のペナルティを受けましたが、これがどうも厳しすぎるという批判があり、ミハエルの赤旗追い越しにいきなり2秒ペナルティを与えるというのは、ライバルに同じペナルティを課すことでアロンソペナルティに対する批判をかわす狙いがあったようにしか思えません。

アロンソのペナルティが重いかどうかは微妙ですが、ミハエルがそれの煽りをくった形になりました。でもあのアロンソのブレーキテストはいかがなものかと思いますね。以前にもそれでクルサードをクラッシュに追い込んでいますが、その時は意図が感じられなかったという判断でペナルティにはなりませんでしたが、クルサードの憤りはよく覚えています。

ウィリアムズの来期のドライバーラインナップが発表され、ニコ・ロズベルグとアレキサンダー・ブルツが来期のレースドライバーに決定しました。

かねてから僕が良いマシンに乗って欲しいと思っていたマーク・ウェバーはウィリアムズを放出され、来期のシート争いに加わることになりました。嬉しいですね~。

今のところウェバーの移籍先として可能性があるのは、ルノー、マクラーレン、レッドブル、BMWザウバーのようですが、ルノーかマクラーレンに決まってくれることを期待しています。

ミハエルが今年チャンピオンを取ったら引退するというウワサが流れていますが、マネージャーがそう望んでいるだけのようで、今のところなんとも言えませんね。

もしミハエルが来年もフェラーリで走るとすると、

ブリジストンタイヤの復調で勢いに乗るミハエル・シューマッハが、ドイツGPでも圧倒的な強さを見せて勝利しました。

今回はマッサの走りもミハエルに遜色なく、見事な1-2フィニッシュでした。決勝後の記者会見でもミハエルに「最高のチームメイトだ!」と絶賛されてましたね。

ルノーの不振には驚きましたが、やはりマスダンパー禁止が効いたんでしょうか。ルノーはミシュランを非難していますが、マクラーレンやホンダのパフォーマンスはそれなりに良かったので、タイヤが原因とは言えないような気がします。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器