オーディオ: 2007年5月過去記事

前回記事の続きです。

ER-6にER-6i用3段フランジの組み合わせ

■ ER-6の音質

とにかくクリアで、中高域は実にフラットです。新品時はやや無機質で低音が非常に抑えられていましたが、30時間のエージング後は中低音もそれなりに出るようになりました。

とはいうものの、やはり低音が不足気味なのは否めません。低音がズンズン来るようなのを好む方には合わないと思います。ER-6のあとに高音が強めといわれるHJE50を聴いても明らかに低音の厚みを感じるほどです。ただ、ヴァイオリンを聴く分には全く問題なく、むしろクリアで引き締まった低音が魅力的です。

中高音は美しいというよりもナチュラルな音です。イヤホンやヘッドホンによっては高音がやたらブリリアントにきこえるものもありますが、そういった作られた音色ではなく純粋にソースの音を忠実に再現してくれます。まさにヴァイオリンを聴くにはうってつけです。

現在、高音質なカナル式イヤホンEtymotic ResearchのER-6ER-4/ER-6i用の3段フランジイヤーチップを取り付けて愛用していますが、今までの内容を少しまとめてみたいと思います。

■ ER-6に3段フランジのイヤーチップを取り付ける

ER-6標準の2段フランジよりもER-6i用の3段フランジの方が遮音性が高いとのことで試してみたのですが、これは意外とすんなりいきました。ER-6のイヤーチップ取り付け部パイプは短く太く、ER-6iは長く細いため、一見装着するのは不可能に見えます。でも頑張ってグリグリやっていると柔軟なシリコンのおかげでそれほど苦労せずに装着することが出来ました。むしろ、標準装着されている2段フランジを外すときの方が緊張しました。

左がER-6i用に付け替えたもので右がER-6標準

購入以来、非常に気に入っているEtymotic ResearchのER-6イヤホンER-4/ER-6i用3段フランジイヤーチップの組み合わせですが、東京に出かける用事があったので埼京線でER-6を試してみることにしました。

埼京線に乗り、早速ER-6を装着。正しく装着出来ないと遮音性が発揮できないので、ちょっと押したり戻したりしながら周りの雑音が完全にシャットアウトされるポイントを探します。

最初は耳穴に押し込む加減や向きなどがよくわからず、押し込みすぎて耳の奥というか喉がかゆくなることもありましたが、何度か使ってくると装着も慣れてきます。10秒もあれば大体完了です。

先日購入したER-6をソニーのE407を使って30時間ほどエージングしてみました。

エージングとは慣らしのことで、スピーカーやイヤホンは新品の状態から数十時間鳴らしてあげると部品がなじんできて満足のいく音になります。

エージングの仕方はいろいろあるようですが、僕の場合は普段聴いている音楽を普段聴いている音量より少し大きめで鳴らし続ける、という風にしています。今回もバッハの無伴奏やモーツァルトのヴァイオリン協奏曲など、様々な音源の入ったE407をループで流しました。

さてエージングが終わった後のER-6を再度聴いてみましたが、まだ少し低音が控えめなものの大分下も出るようになりましたし、実にナチュラルで透明感のある音質です。バッハやパガニーニなどの無伴奏を聴くと左手の指が弦から離れる音なども良くきこえ、臨場感・・・というと迫力などを連想しがちですがそうではない、その場の空気が伝わってくるような感覚とでもいうのでしょうか。生の音を感じられます。

ずっと前から欲しかった高音質イヤホン、Etymotic Research ER-6を手に入れました。

Etymotic Research ER-6

きっかけは先日の記事にも書いた生録用レコーダーを探しているときに、サウンドハウスで偶然ER-6が安くなっているのを見つけてしまい、レコーダーと一緒に注文してしまいました。レコーダーの記事はまた後日・・。

さて早速届いたER-6を開けてみると・・・やはり小さい。店頭で何度も見てはいましたが、いざ手にしてみると思っていたよりも小さく感じます。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器