Top > 車&自転車 > > トヨタ・プレミオ インプレッション

トヨタ・プレミオ インプレッション

BMW 130iを車検に出したのですが、代車がトヨタ・プレミオ(NZT260)でした。最近の国産車は乗ったことがなかったですし、良い機会なのでインプッションを書かせていただきたいと思います。

TOYOTA PREMIO

このプレミオは最新型でしかもオドメーターはなんと36km。つい先日入ったばかりの新車だそうです。さすがに内装も綺麗で新車の匂いがします。新車の香り・・・今後も自分の車でかぐことはないかもしれません。

シートに座ると着座位置が高い!というかこれが普通なのですね。その分視界は良く、その差は自分の130iと比べると驚くほど。130iにかぎらず最近はデザイン重視で視界が悪い車が多いですからね。パーキングブレーキは足で踏むタイプ。このクラスでもサイドブレーキではもはやないのですか。これだとサイドターンは無理そうですが、普通の方にはあまり関係なさそうです。

TOYOTA PREMIO

最近の車らしく、キーを持っているだけでドアを開けられ、プッシュボタンでエンジンもかけられます。今や当たり前の機能になっているようです。

エンジンをかけて早速出発。まず思ったのがハンドルが軽さと手応え感のなさ。ただ、それが気軽に乗れるような乗りやすさと、乗り心地にもつながっているので悪いとも言い切れないところです。

エンジンは新車にもかかわらずよく回り、フリクションの少なさとCVTのおかげか意外と軽やかに良く走ります。1500ccで109ps、車重1200kgですが、今より車重の軽かった20年前くらいのサニーやカローラ(100ps/950kg前後)と少なくとも同等以上の動力性能はあると思いました。

高速道路でも速度の伸びが思った以上に良く感じました。これは先のサニーやカローラより明らかに良いと思ったのですが、CVTだけじゃなく空力も良いのでしょうね。この写真はディーラーから自宅までの片道走行後ですが、燃費も高速でわりとペース良く走って17.8km/lでした。

TOYOTA PREMIO

アイドリングストップがついているようで、信号待ちでエンジンが止まり、ブレーキを離すと再始動します。ですがあまり出来が良いとは感じませんでした。自然にブレーキからアクセルに足を乗せ替えるタイミングに対し、始動のタイミングが間に合っていないようです。ブレーキリリース後に一呼吸おいてアクセルを踏めば問題ないですが、普通にアクセルに乗せかえた時はまだ始動中で、自分のタイミングより一瞬遅れて唐突に動き出す感じです。これは前回乗ったBMWの116i(F20)のほうが遥かに自然で違和感がありませんでした。ただこの車はおそらく後付けというか、ずっと前からある型式のエンジンについ最近アイドリングストップ機能を追加したようなので、それを前提に設計されているエンジンと比べてはいけないかもしれません。ハイブリッドですがプリウスはその辺絶妙だそうですね。

またハンドリングは正直20年前のサニーやカローラ、ファミリアといった1500ccクラスの大衆車とまるで変わっていなかったというのは残念でした。ステアするとタイヤに荷重がかからないままロールが進む、ロールしきった所で急に荷重がかかってコーナリングフォース&ヨーが発生するというあの感覚です。初期がないというよりは、初期とロール角が一定になったところはあるけど、そのちょうど中間域といいますか過渡領域がないとでもいいましょうか。乗り心地重視でハンドリングは二の次三の次であればこんなセッティングになるのでしょうが・・・。プリウスなどが酷評されるのもこの辺なのでしょうかね、改善されてきているそうではありますが。

高速でのロードノイズや風切音が130iとあまり変わらないのは意外でしたが(もっと良いと思っていた)、上級車種との差別化もあるのでこのくらいというところなのでしょう。横風の安定性はセダンなのにハッチバックの130iに完全に負けていました。高速走行もあまり重視していないのかもしれません。

ヘッドライトはHIDでしたが、これはすごく明るくてよかったです。130iもHIDですがそれが暗く感じるくらいに明るかったです。

この価格帯でバックモニターが付いているのも良いですね。意外と便利です。

といったところで代車なのに勝手にインプレを書いてしまいました。良くも悪くもトヨタ車だなというところです。車を移動の手段としてだけで選ぶ方は満足できそうですが、車好きなら同じトヨタの中でももうちょっと何か自分の心に響く車を選んだほうが良いように思いました。高級感、静粛性、走り、居住性、などなど。あえてデザインも含めて昔ながらの4ドアセダンという無難路線を貫いているのかもしれません。ご年配の方など、プリウスやアクアのデザイン、視界、車両感覚には馴染めないかもしれませんね。

私が今トヨタで選びたい車と言われるとちょっとむずかしいのですが、出来ればこの車格よりちょっと上で、走りにちょっと振ったシャシーで、2Lで200ps~250psくらいのダウンサイジングターボのセダンなんてあると嬉しいです。BMWの320iより安くて走りも上ですよ、みたいな。

86みたいに完全にスポーツに振った車も良いですが所有できる方は限られますし、同じテイストを受け継ぐハッチバックやセダンが増えてほしいなと切に願います。86かエコカーかミニバン、あとはレクサスをどうぞ、みたいでは選択肢が狭すぎるように思うのです。ゴルフGTI、BMW320、の国産版が欲しいものです。アルテッツァとかまさに低速トルクモリモリの2Lダウンサイジングターボとかで復活してくれたら面白いのになあ。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: トヨタ・プレミオ インプレッション

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/1140

コメントする

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器