Top > 健康 > 咳喘息

先日11日は、2/17に山形で行われる「コバケンとその仲間たちオーケストラ 山形公演」の公開リハでした。

コバケン先生はチェコから直行されたのですが、それでも練習開始には間に合わないため到着まで指揮者が次々に代わりました。一日に3人の指揮者で弾けるのは楽しいものです。

コバケン先生の熱い指揮は本当に演奏者を奮い立てますね。いつもながら刺激的で、充実した時間でした。見学のお客様にも楽しんでいただけたようで良かったです。

最悪です。

月曜日くらいから咳が出るようになったので、また咳喘息の症状が出たのかと思い、頓服の薬(β刺激薬?)でももらった方がいいのかなと思っていたんですが、火曜日くらいからだるさが出てきて、風邪っぽくなってきました。

夕方に熱を計ると38度1分。やっぱり咳喘息じゃなくて風邪のようです。

しかし、もともと咳喘息があるせいか咳はひどいし、花粉症もあるので鼻水とくしゃみがひどい。もちろん風邪の諸症状も出ているのでそれらの相乗効果といったら・・・最悪です(笑)。

昨日は咳喘息の治療で病院に行ってきました。

咳が半分程度に治まってきているということを伝えると、薬が効いているんでしょうということで、引き続きテオドールとホクナリンテープが処方されました。

先生に花粉症でクラリチンを飲んでいることを伝えたら、重複するアレルギー薬のキプレスは外されました。喘息と花粉症はある程度薬が重なるので、薬が重複してしまわないようにそれぞれの先生に飲んでいる薬を伝えるようにしています(花粉と喘息で病院が別になってしまったので)。

その代わり別の薬が増えましたが・・。

先日は正月早々寝込んだ話を書きましたが、あれから熱もすっかり下がり、ほとんど良くなりました・・・咳がひどいのを除けばですが。

「このまま熱も下がって頭痛も消え、でも咳が止まらないというのではなんだか前と同じ繰り返しになりそうなので、しっかりなおしたいと思います。」と書いておきながら、しっかり咳だけ残ってしまいました。しかもなんか前よりひどいし、咳止めも効いてません。

咳は一日中出ますが、特に布団に入るとひどくなり、なかなか寝付けません。咳がひどくてリバース寸前になったりするのもほぼ毎日です。まさに「どうにもとまらない」状態です。ウワサは信じない方なんですが(笑)。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器