Top > 車&自転車 > 自転車 > CATEYE EL540とACアダプター

CATEYE EL540とACアダプター

ロードバイクで街灯の少ない夜道を走っていると、ライトをつけていてもなかなか路面状況がわからず怖い思いをすることがあります。ロードはタイヤが細いので大きめの石や段差が命取りになったりします。

今までCATEYEのEL530を使っていましたが、スポットなのでライトの当たるところは明るいもののそれ以外が暗く、物足りないところがありました。配光が広がるタイプは光量不足だったりとか。

CATEYE EL540

で最近出たCATEYEのEL540を買ってみました。4000カンデラとのことで、もし本当であれば相当明るいはず。


帰り道にEL530のエネループを540に入れ替え、早速点灯。明るい!

CATEYE EL540

配光パターンはちょっと変わっていてなぜか四角。でも照射されるエリアは広く、かつ明るい。EL530と比べると数倍明るい感じです。これはすごい。さすがに単3エネループ4本を5時間で食い尽くすだけのことはあります。

ただそうなってくると充電が頻繁になるわけですが、ACアダプター付きのEL540RCは高かったため普通のEL540にして電池はその都度外して充電すれば良いと思っていました。

ところが電池の交換が意外と面倒でした。EL530や520に比べても蓋は開けにくいし、何より電池の取り出しが固くて爪が折れそう・・。

やっぱりACアダプター付きにすれば良かったかなとも思いましたが、汎用品で済ませば良いということで使えるACアダプターを探してみました。が、意外とない・・。ネットでも先人たちがいろいろ調べたようですが、安くて確実なものがなかなかないようです。電圧や端子可変の高価なものを使うか、安く上げるなら自分でACアダプターと端子を買ってきてハンダ付けするとか・・。

原因は、流通しているACアダプターの多くが内径2.1mm外径5.5mmという規格だそうですが、EL540はEIAJ3という内径1.7mm外径4.75mmのサイズ。ならば汎用のACアダプターと変換プラグを探せばよいではないか。

ということでアキバで探したらありました。千石さんや秋月さんにはなかったのですが、その近くのマルツさんで2.1mm→EIAJ3の変換ケーブルを見つけました。ACアダプターと一緒に購入しましたが、ACアダプターはリンクマンの9V-1.33Aの2.1mmプラグ、変換ケーブルは5.5-2.1ジャック→EIAJ3プラグ、というものです。センターがプラスというのは確認済みです。アダプターが1000円、変換が100円の計1100円。

ACアダプター

変換ケーブル

早速つないで充電・・・出来ました! これで電池を外さずともEL540に入れたエネループの充電が出来ます。充電が終わるとちゃんとランプも消えて過充電の心配もなさそうです。

ということで自己責任になりますが、EL540のACアダプターを探している方もどうぞご参考に。

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CATEYE EL540とACアダプター

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/1080

コメントする

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器