自転車: 2007年10月過去記事

自転車ロードレースのアテネオリンピック代表で、2度の全日本チャンピオンを獲得した田代恭崇選手が、今期限りでの現役引退を表明したそうです。

田代選手は日本のトップチームであるブリジストン・アンカーのエースで、細身の体から信じられないほどのパワーを引き出す選手です。もちろんパワータイプの選手ではないのですが、自転車雑誌でも40km/h巡航時のパワーなどが紹介されていて、あの細い体で・・・僕のレベルからは驚異としかいいようがありませんでした。

実は、去年のSEO CYCLE サイクルフェスティバルで、招待選手として田代選手他ブリジストン・アンカーの選手が参加されていたのですが、田代選手は僕と同じ組で走っていてなんと隣でしばらく走る機会があったのです!

最近急に涼しくなりましたが、自転車に乗っていて感じるのは涼しさだけではありません。空気圧の変化、もっといえば空気の抜け具合が全然違うのです。

ロードのタイヤは空気の抜けが早く、ママチャリのように1ヶ月以上そのままというわけにはいきません。最低でも週1で空気を入れます。

不精者でいつも適正な空気圧を保つためにこまめに空気を入れたりするのが面倒なので、指定空気圧が6~8kのミシュラン・クリリウム700x23cで前タイヤは7.5k、後ろタイヤは8k入れてます。体重考えると7kくらいが適正のはずですが、多めに入れて長持ちさせております(笑)。

昨日、一年半ぶりに駅に置きっぱなしの「置き自転車」のメンテをしました。

ずっとメンテしてなかったのでチェーンは真っ黒で、動きも渋い感じ。変速も決まらず。無変速のママチャリならいざしらず、一応安いながらもクロスバイクのGiant CS3200。変速は前3段の後7段あり、さすがにノーメンテで乗り続けるのは無理があるというもの。

家に持って帰るのも面倒なので、ディグリーサー(汚れ落とし)とオイルとボロ布を持って行っての簡単なメンテ。さすがに注油のみだけだと手抜き過ぎなので、簡単に汚れ落としをしてから注油します。

まずペダルを手で逆回転させてチェーンを回しながら、ディグリーサーをチェーンに吹きかけます。それだけでもチェーンの動きが軽くなったので、よほど汚れていたのでしょう。ボロ布を下側のチェーンにあててながらペダルを回し(上側のチェーンだと巻き込みやすいです)、浮き出た汚れとディグリーサーを拭き取ります。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器