F1: 2005年9月過去記事

先日のF1ブラジルGPでポイントリーダーのアロンソが3位に入り、3戦を残して2005年のシリーズチャンピオンに決定しました。24歳でのF1チャンピオンは史上最年少記録で、アロンソの強さと速さを見せつけたシーズンとなりました。

今年は本当にアロンソのためのシーズンでしたね。去年までは「速いけどミスも多い」という印象がありましたが、今年はほとんどミスなく実に安定した速さを見せていました。それとなによりルノーの速さと信頼性の高さ。ほとんどのサーキットで安定した速さを見せていましたし、他チームやチームメイトがトラブルで自滅する中、アロンソのマシントラブルとピット作業ミスが全くといっていいほどなかったというのは非常に大きいですね。

ライコネンのマクラーレンはシーズン中盤以降は常にアロンソを上回る速さを見せていましたが、とにかくマシントラブル、タイヤトラブルに見舞われすぎましたね。ライコネン自身のミスはほとんどなかったのでチャンピオンが取れなかったのは本当に不運だったと思います。もちろんマシンのトラブルはチームの責任なんですが、それにしてもそのトラブルのタイミングの運の悪さといったら・・。ライコネンにとってはかわいそうなくらい運が悪いシーズンでした。

とても残念なニュースが飛び込んできました。現在日本人としてただ一人F1のレギュラードライバーとしてBARホンダチームで活躍していた佐藤琢磨が、来期のレギュラーシートを失うことが決定しました。

BARホンダチームの残った一つのシートにバトンが残留することになったため、佐藤琢磨のシートがなくなってしまったのです。くやしい!!!!

バトンはウィリアムズとの契約があったので来期は移籍し、BARはバリチェロと佐藤琢磨かなと思っていたのですが、バトンのわがままに振り回される結果となってしまいました。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器