F1: 2007年6月過去記事

前戦のカナダGPが素晴らしかっただけに・・残念でしたね。スピンアウトによるリタイヤ。今シーズンのバッドレースになることを祈りましょう。

金曜日からあまり流れは良くありませんでしたね。

金曜日午前 FP1
No.22 1:14.037(琢磨-17位)
No.23 1:14.632(デヴィッドソン-20位)

金曜日午後 FP2
No.22 1:13.753(琢磨-19位)
No.23 1:13.364(デヴィッドソン-14位)

琢磨の怒濤のオーバーテイクショーに沸いたカナダGPですが、他のドライバーのレースについても触れましょう。

まずはハミルトン。完璧でしたね。アロンソは「自分はツイてなくてルイスはツイていた」のようなコメントをしていますが、あれだけ築いたマージンを何度も台無しにされていることを考えると、ハミルトンにとってツイていたとはいえないでしょうね。予選から決勝とその走りは異次元で、アロンソに対してもそのペースの速さとミスのなさは完璧でした。素晴らしい初優勝だったと思います。しかし個人的にはハミルトンの魅力は、後方から怒濤の追い上げ&オーバーテイクで優勝することだと思っているので、そんなシーンが早く見てみたいです。

佐藤琢磨、カッコ良すぎます。深夜にもかかわらず、

「いけーっ! いったーっ! 琢磨すげー! カッコイイ!!!!」

と絶叫してしまいました(笑)。

さてその衝撃のカナダGPを振り返りましょう。

まずは金曜日。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器