オーディオ: 2007年4月過去記事

前回、うっかり「カセットテープ」なんて言葉を書いたら、昔のカセットテープをいろいろ思い出してしまいました。

SONYのテープ 左上:UX-S、右上:HF-Pro、左下:BHF、右下:Metal Master

小さい頃からヴァイオリンを習っていた僕が、ようやく音楽に興味を示しだしたのが小学校高学年の頃。もう今から20年以上も前のことですが、音楽に興味を持った僕はカセットテープにいろいろな音源から録音しては楽しんでいました。

音源の多くはレコードだったり他のテープだったりしましたが、中学生の頃だったでしょうか、CDプレーヤーが登場するとともに僕のハイファイ魂が目を覚ましてしまったのです。

最初はカセットテープなんて何でも良かったのですが、カセットテープの銘柄によって同じ音源から録音しても音が違うということに気づいてしまい、カセットテープにこだわりを持ち始めました。

まだ悩んでます。R-09とH4。

R-09はコンパクトで使いやすくて、内蔵マイクの品質も良いというのが魅力。対するH4は安くて三脚用アダプタもついて、4トラック対応、チューナー機能、ファンタム電源、さらにCubase LE付きというのが魅力。

最初はR-09に惹かれていたんですが、やはり値段の差が・・。

下記全て送料&税込み価格です。

Roland Edirol R-09
□ Amazon・・・35810円
□ on HOME(楽天市場)・・・34800円

Zoom Handy Recoder H4
□ ムラウチ(楽天市場)・・・27799円
□ イーベストPC・家電館(楽天市場)・・・28000円

R-09はこれに三脚取り付け用のカバーも買うと5000円up。トータルで1万円以上の差がついてしまいます。

録音施設のない小さな会場や公共のスペースなどで演奏するとき、本番の生録に今までこちらを使っていました。

マイク:ソニー ECM-MS907
ミキサー:BOSS BX-4
レコーダー:クリエイティブ Nomad Jukebox

マイクはまだまだ現役のモデルですが、レコーダーとミキサー、さらにテーブルタップまで持ち歩かなければならず非常に不便です。

そもそもレコーダーはもうずいぶん昔のモデルで、ポータブルCDをはるかにしのぐ大きさと重さ、さらにバッテリーが全然持たない(しかも単3を8本!)のでAC電源を用意しなければならず、マイクプリアンプがないためにミキサーが必要になったりで、なかなかやっかいな代物です。USB対応が1.0なのでPCに録音したWaveファイルを転送するのにも1時間以上かります。

車で本番に向かう時ならまだしも、電車で移動するときは楽器に楽譜、衣装など荷物がいろいろあり、このような「録音機材」を持って行くのが億劫になります。

姉妹サイト


silver-tone.com

私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

今売れている商品

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    スポンサード リンク

    リンク

    Silver-tone.com
    私のヴァイオリンサイト

    花粉症の薬
    症状に合わせた飲み方など

    なつみのひとりごと
    私の妻のブログ

    SEO&アクセスアップ
    Webサイトのアクセス数向上

    にほんブログ村 弦楽器
    ブログランキング

    ヴァイオリン販売
    弦楽器専門店 チャキ弦楽器