TopIT&家電オーディオ > ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジのまとめ1

ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジのまとめ1

現在、高音質なカナル式イヤホンEtymotic ResearchのER-6ER-4/ER-6i用の3段フランジイヤーチップを取り付けて愛用していますが、今までの内容を少しまとめてみたいと思います。

■ ER-6に3段フランジのイヤーチップを取り付ける

ER-6標準の2段フランジよりもER-6i用の3段フランジの方が遮音性が高いとのことで試してみたのですが、これは意外とすんなりいきました。ER-6のイヤーチップ取り付け部パイプは短く太く、ER-6iは長く細いため、一見装着するのは不可能に見えます。でも頑張ってグリグリやっていると柔軟なシリコンのおかげでそれほど苦労せずに装着することが出来ました。むしろ、標準装着されている2段フランジを外すときの方が緊張しました。

左がER-6i用に付け替えたもので右がER-6標準

ただ、2段フランジを試す前に3段フランジを装着してしまったため、2段と3段の遮音性の違いなどがまだ試せておりません。今更試す気にもならないし・・(というくらい、3段フランジを気に入っております)。

なお、3段フランジは上位モデルのER-4とER-6i用で共通です。白とグレーがあるため、今回はER-6本体の黒に合わせてグレーを購入しました。

<ER-6+ER-4/ER-6i用3段チップ組み合わせ>
※ ER-6は現在サウンドハウスさんが国内最安値です


■ Etymotic Research ER-6

→ Etymotic Research ER-6(楽天市場)
→ Etymotic Research ER-6(Amazon)
→ Etymotic Research ER-6(サウンドハウス)

■ ER6I-14/18(ER-6i用3フランジイヤーチップ 5ペア入)

→ ER6I-14 ホワイト(楽天市場)
→ ER6I-14 ホワイト(Amazon)
→ ER6I-18 グレー(サウンドハウス)


■ ER-6+3段フランジの遮音性

ほぼ完璧です。3段フランジは慣れるまで装着が難しかったり、耳にどうしても合わないという場合があるようですが、僕の場合はそのような問題もなくほぼ完璧な遮音性です。静かな室内で設定したボリューム位置のまま、トンネル通過中の電車内でもピアニッシモを聴くことが出来る、といえばわかっていただけるでしょうか。

おそらくこれ以上は耳以外からの骨導音などもあるので無理であろうと思われます。この遮音性の高さはER-6i、ER-4シリーズもおそらく共通でしょうね。

なお、3段フランジは使い込むに従ってやわらかくなり耳になじんでくるそうなので、最初はちょっと合わないと思っても少し我慢して使ってみる方が良いのかもしれません。慣れると斜め下から少しずつグリグリと押しこんでは手を離して遮音できているかを確認、奥に入ったら少し角度を変えたり戻したりしてみる、というやり方でわりとすぐに装着出来ますが、初めてこのタイプを使う場合は思った以上に奥まで差し込む感じになるかと思います。

外すときはそのまま引っ張らず、フランジと耳穴の間に隙間を作るようにして耳穴に空気を入れるようにしてから取り外します。装着中ほぼ密閉状態になるので、密閉をはがして空気を入れないとまず抜けませんし、鼓膜にも負担がかかると思います。最悪、フランジだけが耳穴に残ってしまうこともあるようです。


■ 48Ωという高インピーダンス

ER-6のインピーダンスは48Ωで感度が低く、出力の低い携帯型プレーヤーでは音量が不足するのではないかと心配しました。しかし、ソニーのE407という5mW+5mWの低出力なモデルでも、最大ボリュームの70%も回せば十分な音量が確保できました。出力の大きなiPodなどではなおさら問題ないでしょうし、むしろ低インピーダンスのER-6i(16Ω)などと比べて残留ノイズが目立ちにくいというメリットもあります。

ちなみに、E407で同じソースを聴感上同じ音量で聴こうとした時のイヤホンとボリュームの目安は下記の通りです(ボリュームMaxは32)。

<Etymotic Research ER-6+ER-6i用イヤーチップ>
20(静かな部屋)~20(走行中の電車)~20(トンネル通過中)

<SONY NC10(ノイズキャンセリングON)>
12(静かな部屋)~15(走行中の電車)~17(トンネル通過中)

<Panasonic HJE50>
16(静かな部屋)~22(走行中の電車)~NG(トンネル通過中)

インピーダンスの高いER-6はボリュームがやや大きめになりますが、そこからボリュームを上げる必要がないため、実質的なボリュームマージンがあるのがわかります。遮音性の低いHJE50でのトンネル通過では、轟音にかき消されて聞こえないのを我慢するか、難聴覚悟で大音量まで音量上げるか、という2択になるため実質NGでした。

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ

コメントする

  • 14.09.13  SENNHEISER RS220 レビュー
  • 14.09.11  SHURE SE535LTD レビュー
  • 12.08.03  Etymotic Research HF5 レビュー
  • 12.06.25  ゼンハイザー HD558 レビュー
  • 12.06.24  AKG K702 レビュー
  • 12.06.23  オーディオテクニカ ATH-A900 レビュー
  • 12.06.22  Etymotic Research MC3 レビュー
  • 12.06.21  SHURE SE425 レビュー
  • 12.06.20  Klipsch image S4 レビュー
  • 10.02.07  SONY ハンディカム HDR-XR500V
  • 09.09.10  B&W CM1 + Pioneer A-A6
  • 09.09.07  B&W CM1 試聴~エージング
  • 09.09.04  B&W CM1 購入
  • 09.06.11  Etymotic Research ER-4S レビュー#2
  • 09.05.15  Etymotic Research ER-4S レビュー#1
  • 08.06.27  ER-6のイヤーチップ比較
  • 08.01.15  iPod Classicをカーステレオで聴く
  • 08.01.10  iPod Classic & Skin Evolution
  • 08.01.07  iPod Classic レビュー #2
  • 07.12.29  iPod Classic レビュー #1
  • 07.12.28  iPod Classicを購入
  • 07.12.22  iPod Classic vs NW-S718F vs iAUDIO7
  • 07.12.20  iPod Classic vs ウォークマン S718F
  • 07.05.09  ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジのまとめ2
  • 07.05.08  ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジのまとめ1
  • 07.05.07  ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジ、遮音性を試す
  • 07.05.04  ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジ、エージング後インプレ
  • 07.05.02  Etymotic Research ER-6、購入しました!
  • 07.04.26  カセットテープのマニアな思い出
  • 07.04.25  Edirol R-09 vs Zoom H4
  • 07.04.21  生録用レコーダー
  • 06.05.26  高音質なインナーイヤーヘッドホン #3
  • 06.05.24  高音質なインナーイヤーヘッドホン #2
  • 06.05.22  高音質なインナーイヤーヘッドホン #1
  • トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: ER-6+ER-4/ER-6i用3段フランジのまとめ1

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/834

    コメントする

    姉妹サイト


    silver-tone.com

    私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

    今売れている商品

    Twitter

    Twitter Updates

      follow me on Twitter

      スポンサード リンク

      リンク

      Silver-tone.com
      私のヴァイオリンサイト

      花粉症の薬
      症状に合わせた飲み方など

      なつみのひとりごと
      私の妻のブログ

      SEO&アクセスアップ
      Webサイトのアクセス数向上

      にほんブログ村 弦楽器
      ブログランキング

      ヴァイオリン販売
      弦楽器専門店 チャキ弦楽器