TopIT&家電自作PC > MSIのファンレス8600GTカード

MSIのファンレス8600GTカード

先日出たばかりのGeforce8600GTチップ搭載のファンレスカード、MSIのNX8600GT-T2D256EZを購入しました。

現在の構成は、

<自分PC>
CPU:Athlon64 3200+(@2.3GHz動作)
MEM:PC2700 512MBx4
M/B:ECS KN1-SLI-Lite
VGA:Gigabyte GV-NX76G256D-RH(7600GSファンレス)
HDD:Maxtor 200GB(ATA133、7200rpm)
<妻用PC>
CPU:Sempron 2600+(@定格1.6GHz動作)
MEM:PC3200 512MBx2
M/B:MSI RS482M-IL
VGA:Inno3D 6600(無印6600)
HDD:Seagate 80GB(ATA133、5400rpm)

なんですが、妻PCのビデオカードが遅いのにファンが非常にうるさいということもあり、先日のHDDと一緒にビデオカードも購入することにしました。

最初は妻PCに僕のと同じ7600GSのファンレスというのも考えたのですが、同じものを2つというのはもったいないというか、次にアップグレードするときに2枚まとめては厳しいということもあって、僕用にちょっといいカードを買って、僕のギガバイト7600GSを妻PCに移植しようという魂胆です。

新しいカードの条件は、7600GSより速いこと、ファンレス、それなりに安い、というところです。

性能でいうと7600GSのパフォーマンスアップ版の7600GT、同じ世代のハイエンドにも近い7900GS、それから新しいミドルレンジの8600GTですが、先の3条件により8600GTのファンレスというところに絞りました。バリバリのゲーマーならパフォーマンスの7900GSも魅力なんですが、概してハイエンドカードは発熱と消費電力が激しいので今回は見送りました。

8600GTのファンレスまで絞ったらあとはギガバイトとMSIの二択。ギガバイトの方が安かったのですが、MSIの巨大なヒートシンクに惹かれて結局MSIにしました。

家に帰り。箱から出してちょっとびっくり。ヒートシンクの大きさが想像以上。チップの表から太いヒートパイプが伸びて、カードの背面に厚さ2cm以上ある巨大なヒートシンクがついてます。持ってみてもずっしりと重いですが、これはほとんどヒートパイプとヒートシンクの重さでしょう。

さて取り付け。しかしこんなにヒートシンクが大きいとCPUクーラーと干渉するんじゃないかと思ったら、見事に干渉。見た目では装着不可です。でかすぎです。

今回のマザーボードはSLI対応でPCI-Eのスロットが2つあるためセカンダリのスロットなら問題なく装着出来るのですが、やっぱりプライマリに刺さっている方が気分が良いので(?)無理矢理装着を敢行。CPUのクーラーのヒートパイプ部分を曲げて角度を変えつつカードを差し込むと、意外とすんなり入りました。

CPUクーラーとGPUヒートシンクが押し合っている図

上の写真を見てもらえばわかると思いますが、CPUクーラーと8600GTのヒートシンクは密着してるし、8600GTはCPUクーラーに押されて基盤がしなってるし、というちょっとあり得ない図になってしまいました(電源の配線をまとめろとか他にもつっこみどころの多い図ですがとりあえず無視)。

ま、密着といってもCPUファン固定用のプラスチックブロック部分だけだし、ファンからの生暖かい風(笑)が8600GTのヒートシンクにあたって多少は冷却もしてくれるでしょうということでこのままにしました。

組み上げて起動・・・のはずが起動しない。ビデオカードか? と思って7600GSに戻してもやはり起動せず。延々と数時間格闘しているうちにいきなり起動。あれ? 何が問題なのかがわからないまま復活してしまったのが怖いですが、とりあえず良しと・・。多分ケースのスイッチか電源あたりだと思うんですけどね。ちなみにケースはオウルテックの601という非常に重いフルタワーですが、もう6~7年使ってます・・・。

とりあえずビデオカードには問題なさそうで、ダウンロードしておいた最新のドライバーを入れて作業完了。ドライバーは8*00シリーズと7*00で異なるようです。

Nvidia nTune

上記からnTuneをダウンロードし、コアの温度チェック。

室内:25度
ケース内:37度(BIOS表示)
GPUコア:51度(アイドル)、63度(3Dベンチで軽く付加をかけた後)

なかなか優秀です。7600GSよりも温度が低いというのは、あの巨大なヒートシンクが伊達ではない証拠ですね。

Rivatunerを使って、デフォルトのコア540MHz、メモリ700MHz(1400MHz相当)を、それぞれ600MHz、750MHz(1500MHz相当)まで上げて負荷かけたりしてみましたが、温度もそれほど変わらず安定していました。ただ、ファンレスでパフォーマンスを追求するのもあれなので、コアを3D処理時のみ570MHzに上がるようにして、メモリは定格のままにしました。

一応、有名な3Dベンチマークソフトである、3DMark05を試してみました。先日のHDD交換も含めた構成と3DMark05の値です。設定は全てデフォルトのままです。

<自分PCの構成>
CPU:Athlon64 3200+(@2.3GHz動作)
MEM:PC2700 512MBx4
M/B:ECS KN1-SLI-Lite
VGA:MSI NX8600GT-T2D256EZ(8600GTファンレス)
HDD:HITACHI/IBM 320GB(S-ATA3G、7200rpm)

<3DMark05>
3DMark Score 8839 3DMarks
CPU Score 4329 CPUMarks

室温:26度
ケース:37度
GPU:51度(アイドル)、65度(3Dmark05実行中)

3DMarkの値はすでにいろいろ出回っていて、改めて違いを確かめるまでもないのですが、以前の7600GSの時は4000弱だったので、予想通りというか期待通りに速くなりました。

試しにコア600MHz、メモリ750MHz(1500MHz相当)でも試してみましたが、完走するものの時々急にフレームレートが落ちる部分があり、トータルでは遅くなってしまいました。前にもこんなことあったっけ・・。とりあえずコア570MHzとメモリ定格700MHzで固定することにしました。

パフォーマンスは大体わかってましたが、予想以上にコア温度が低くて安定度も高そうなので安心して夏を迎えられそうです。巨大なヒートシンクはその大きさで他の干渉の問題がありますが、それさえ問題なければ静かでパフォーマンスもそこそこ求める人には、このMSIのNX8600GT-T2D256EZはなかなか良い選択かもしれません。


NX8600GT-T2D256EZ

ちなみに妻PCには7600GSを移し替えました。前の6600がよほどうるさかったのか、一気に騒音が1/5位になりました(笑)。こちらも構成を新しくし(メモリも足してます・・・Sempronはデュアル動作しないのであえて1枚だけ交換)、3DMark05を計測しました。以前の6600の時のスコアは2000位でした。

<妻用PCの構成>
CPU:Sempron 2600+(@定格1.6GHz動作)
MEM:PC3200 1Gx1、512MBx1
M/B:MSI RS482M-IL
VGA:Gigabyte GV-NX76G256D-RH(7600GSファンレス)
HDD:HITACHI/IBM 320GB(ATA133、7200rpm)

<3DMark05>
3DMark Score 3965 3DMarks
CPU Score 3256 CPUMarks

こちらは騒音が1/5、HDD速度が3倍、そして今回の7600GSで3Dが約2倍と大幅なパワーアップを果たしました。通常の動作も3Dも一気に速くなり、しかも静かで快適になりました。

前回のPCリニューアルは約1年前。今や自作は安くあがりませんが、パーツさえ交換していけば型落ちになったりしないのが自作PCの魅力。Vista対応も(しないけど)、僕のはほぼそのままで、妻のもCPUさえ換えればいけるでしょう。

2台とも次のアップデートまで安定して動いてくれることをいのりつつ・・。

コメント(2)

はん :

折角のヒートシンクが、随分無駄になってる気も・・・。

まさぐちる :

言われてみればそんな気も・・・。
CPUクーラーを抜けた風と、2個の背面ファン(写真左)でなんとか冷えてくれることをいのりつつ・・・。

コメントする

  • 12.03.03  SSD導入 CFD CSSD-S6TM256NMPQ 編
  • 12.03.02  SSD導入 Crucial M4 128GB 編
  • 09.12.18  Google日本語入力
  • 09.10.25  Windows7祭り
  • 08.12.07  Core 2 Quad Q9550のオーバークロック
  • 08.12.05  Core 2 Quad Q9550への換装
  • 08.12.02  ツクモ電機、細々ながら営業再開!
  • 08.11.23  ツクモ電機、営業停止・・・
  • 08.09.04  QNAP TS-109 IIを入れてみた
  • 08.09.03  NASを選ぶ
  • 08.07.17  Asus Eee PC 901のPower Saving機能を検証
  • 08.07.16  Asus Eee PC 901を購入!
  • 08.06.03  Gigabyte NX88T512HPのベンチマーク
  • 08.06.02  Gigabyte NX88T512HPを購入
  • 07.08.31  Athlon 64 X2 3800+ オーバークロック その2
  • 07.08.08  Antec P180のエアフロー見直し&Speedfan
  • 07.08.03  Galaxy 7900GS-SP & ZALMAN VF900-Cu
  • 07.08.02  PCがようやく復活
  • 07.07.19  20インチワイド液晶 LG-L204WT
  • 07.07.16  20インチPC用ワイド液晶を物色
  • 07.06.27  Athlon 64 X2 3800+(ファン交換&オーバークロック)
  • 07.06.25  Athlon 64 X2 3800+(購入~セットアップ編)
  • 07.05.23  MSIのファンレス8600GTカード
  • 07.05.21  MaxBlast5でシステムディスクを丸ごとコピー
  • 06.08.15  HDDが飛んだ・・・
  • 06.07.24  PCのアップグレード #5(静音化)
  • 06.07.13  PCのアップグレード #4(CPUクーラー交換)
  • 06.07.12  PCのアップグレード #3(CPUの外し方とオーバークロック)
  • 06.07.08  PCのアップグレード #2(セットアップ編)
  • 06.07.05  PCのアップグレード #1(パーツ購入編)
  • 06.06.26  便利なUSB接続HDDケース
  • 05.12.15  無線LAN安定化
  • 05.12.10  パソコン復活!
  • 05.12.01  今度はパソコンが・・。
  • トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: MSIのファンレス8600GTカード

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://masagtir.com/mt/mt-tb.cgi/841

    コメント(2)

    はん :

    折角のヒートシンクが、随分無駄になってる気も・・・。

    まさぐちる :

    言われてみればそんな気も・・・。
    CPUクーラーを抜けた風と、2個の背面ファン(写真左)でなんとか冷えてくれることをいのりつつ・・・。

    コメントする

    姉妹サイト


    silver-tone.com

    私のメインサイトであるヴァイオリンの情報サイトです。ヴァイオリンの生徒募集、弾き方講座、コンサート案内、プロフィールなどはこちらへどうぞ。

    今売れている商品

    Twitter

    Twitter Updates

      follow me on Twitter

      スポンサード リンク

      リンク

      Silver-tone.com
      私のヴァイオリンサイト

      花粉症の薬
      症状に合わせた飲み方など

      なつみのひとりごと
      私の妻のブログ

      SEO&アクセスアップ
      Webサイトのアクセス数向上

      にほんブログ村 弦楽器
      ブログランキング

      ヴァイオリン販売
      弦楽器専門店 チャキ弦楽器